■コンピューター応用システム設計
 
 

概略

    1) VisualBasicやC++等で専用アプリケーションを開発し カスタムメイドPCへインストール。
    2) オリジナル通信ソフトによりPCと各設備(PLC)のリンク。
    3) 生産情報のデータベース記録。

 

システム例/概要

    1. システム構成ブロックを図1に示します。
    2. データモニタ
      設備の状態をモニタし、その処理データをリアルタイムに表示します。
    3. 生産パラメータの編集登録
      生産パラメータを汎用データベース形式で編集登録し、保存、印刷、およびPLCへの転送をおこないます。
    4. 実績データの保存
      生産実績データを収集し、汎用ファイル形式で記録します。又それの保存および印刷をおこないます。
    5. 条件入力
      バーコードリーダーやタッチスイッチによりデータを入力し、それをキーとしてデータベース検索をします。 結果をPLCやタッチパネルに反映します。

    図1.システム構成ブロック